行政書士が抱える業務について網羅的に解説

行政書士とは、国民に最も身近な街の法律家とも言われており、行政書士法により誕生した国家資格です。

では行政書士が抱えている業務はどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは行政書士の仕事内容、業務についてまとめてみましょう。

業務内容は?

行政書士の業務内容は多岐にわたります。

行政手続きを専門とする法律家であり、行政書士しか出来ない業務、いわゆる独占業務もあるのです。

また、他の資格では独占されていない仕事も行うことができるため、業務の幅は非常に広いでしょう。

主な業務をまとめていきましょう。

・書類作成

メインの仕事として、書類作成代理があります。

法的な問題点がないように、契約書などの作成を行っていきます。

つまり行政書士が書類を作成することで、予防法務的視野での作成が可能です。

例えば、国や地方公共団体などに提出する書類のほか、会計帳簿・財務諸表などの事実証明に関する書類、遺言書、遺産分割協議書、示談書などの権利義務の書類も作成します。

・許認可申請の代理

行政書士では、作成した書類を提出する手続きも行います。

これは依頼主に代理して提出する業務になります。

相談業務も行っている

行政書士では書類作成だけが仕事ではありません。

顧客から依頼された書類作成についての相談業務もあるのです。

個人の相談はもちろんですが、企業の経営や法務に関する相談なども承っており、コンサルティング業務も行います。

人々の暮らしに役立つ仕事業務が多い

私たちの生活の中で、様々な暮らしに役立つ相談に応じてくれます。

例えば、遺言、相続に関する問題はだれにでも起こりえることです。

遺言書の起案、作成のほかん、遺産相続に関する相談も受け付けてくれるでしょう。

その他、自動車登録申請などの自動車登録関連や、内容証明、日本国籍取得、市民法務など様々なトラブル

に対処してくれます。

弁護士でないとできない業務ができる特定行政書士もいる

行政書士の中には、行政書士が作成した官公署に提出する書類に関わる許認可に関する行政庁への不服申し立て手続きの代理業務を行える特定行政書士もいます。

不許可処分になったときにこれまでであれば、弁護士に依頼するしかなかったところが、不許可処分の見直しを行政庁に求めることができるでしょう。

まとめ

行政書士の仕事は非常に幅広いです。

暮らしに関するもののほか、企業にとってはビジネスに役立つ相談や業務も幅広く行っています。税理士であれば、税金に関する業務と特定されますが、行政書士はそうではありません。

専門業務がないですが、その分色々な仕事ができるでしょう。